債務整理を始める前に、知っておきたいこと

オリジナル見出し01

いわゆる『手が回らなくなる』状況…長い人生において、少なからずそのような状況を経験することはあるものです。



特に顕著なのが金銭面においてで、お金が足りなくなり生活が苦しくなるとか、何がどうしても欲しいものがあるとなった時、ローン等の融資に手を出すことがあるでしょう。



もちろんそのこと自体は間違ったことではありませんが、結局は借金。

借金に借金を重ねた結果、返済しきれない額の負債を背負ってしまうことがあります。


特に複数社からローンを組んだ場合、返済が自分の許容範囲を超え、より苦になってしまいます。


さて、そんな債務者を助けるための仕組みが、『債務整理』というものです。

簡単に言うと、債務整理とは、弁護士や法律事務所に依頼して、法的な手続きを行い、抱えている債務を軽減する手続きのことです。

複数の金融会社から融資している場合も、返済をまとめることができ、それらからの延滞による債務取り立ての連絡等も無くなります。



法律で定められている、多重債務者を救うための方法なのです。



返せなくなる⇒借りるといった悪循環から抜け出せるだけでなく、普段の生活において抱えている精神的なストレスも軽減することができます。



毎月決められた額を依頼主に一定期間支払うだけで良いのです。
では、多額の債務を背負っても債務整理をすればよいのではないか、と安易に考えてもよいのでしょうか。
債務整理を行うことにより、個人の信用情報がいわゆる『ブラック』状態になります。



債務整理後は数年程度金融会社からの融資やクレジットカードの作成、住宅ローンなどを組めなくなることを覚えておく必要があります。

関連リンク

  • タイトル21

    お金がどうしても必要なときには、便利なサービスとして消費者金融のカードローンを使って融資を受ける場合もあると思います。消費者金融のサービスの場合には借り入れの手続きを行うことは簡単ですが、毎月の返済金額には金利も加わってきますので、支払い金額が大きくなることが十分考えられます。...

  • タイトル22

    借金をしている金額が多額になったときには、金利のことも考えて支払い金額が大きく膨らむことが予想されます。支払いが滞っている人の中には、毎月の収入だけでは返済が難しい人も少なくなく、返済期日が来た場合であっても資金が用意できない人もいるでしょう。...